青蔵鉄道で行くチベットの旅 9/24 ツェタン

8:00 ツェタンにあるヨンブ・ラカンに向かう。
ヨンブ・ラカンはチベット最初の王宮。7世紀にポタラ宮が出来て王宮が移されるまでは、ここが王宮だった。小高い山の頂上にたたずむ寺は朝日に照らされ輝いていた。

山道を登る際、馬を借りることができた。もちろん自分の足で歩くことはできたが、せっかくの機会なので馬に乗ってみることにした。20元で小柄な黒い馬が用意された。実は馬に乗るのはこれがはじめて。

寺に到着。

ヨンブ・ラカンは標高3760m、澄んだ空気の中、朝霧が遠くに見える。この村は漢民族の侵攻を受けず、ずっとこうして1000年の時を過ごしてきた。

ヨンブ・ラカン寺院の内部を見学後、裏手にある丘に行ってみた。ここにはみんながお馴染みのカラフルな旗を奉納する。丘の上から寺を見下ろすと、なるほど、よく旅行のパンフレットに載っている景色になった。

1時間ほどのヨンブ・ラカン見学後、昌珠寺へ。この寺が今回の旅の最後の寺院見学となる。

昌珠寺の本堂の脇にバターランプを作る小屋があり、暗闇の中おばちゃんたちがバターを溶かしているのを見学した。はじめは珍しかったバターランプも、この頃になるとバターが沸き立つ臭いが鼻をつき、もう勘弁してくれという気持ちになる。

昌珠寺の本堂に入ると、曼荼羅を描いている絵師がいた。暗い作業場で緻密な作業。観光客にバシバシ写真を撮られながらも作業に集中。すばらしい出来栄え。

本堂の壁画もこのようにして描かれたのだろう。

昌珠寺の目玉は2300年前に作られたという真珠のタンカ(掛け軸)。2300年前というと日本はまだ弥生時代の頃だろうか。その時代にこの地ではすでに仏教文化が栄えていた。

11:30 バスでラサに戻る。ラサ空港の近くのローカル・レストランで遅めのランチ。これまで現地では比較的高価なレストランで中華料理のコースランチが主だったため(それはそれで美味しかったが)、この土地の人がどのようなものを食べているのか見てみたいと思っていたので、最後に味わうことができた。

ベトナム料理のPhoのような麺は鶏ガラベースの出汁。これはいける!

そして、ひき肉の入ったおやき。あー、こういうの大好きー!!最後に食べられてよかった。

ラサ空港に到着し、ずっと行ってみたいと思っていたチベットともいよいよお別れのとき。チェックインカウンターに荷物を預け、最後のお土産ショッピング。店員さんにクッキーやチョコレートのようなものはないかと尋ねても、英語がまったく通じない。クーキーはあきらめて店内を見回していると、チベットらしい素敵なお土産が。。もちろん買わなかったけど。

Filed under: 旅行 — shingo 1:41 AM  Comments (1)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1件のコメント »
  1. えっこれで終わりですか

    Comment by 通りすがりのもの — 2012年10月5日 6:29 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>