Oxfam Trail Walker 100km 2011に参加2

CP1阿弥陀時(9km)に到着し、CP2箱根芦之湯フラワーセンター(9km)を目指す。まだ序盤なのに山道の上りは相当きつい。ハァハァ息が切れる。バックパックの水タンクからチューブで水分補給できるハイドレーターが役に立つ。

CP2箱根芦之湯フラワーセンター(9km)。もうこの辺から膝に巻いたテーピングが皮膚を引っ張り足を上げるのが苦痛になってきた。

CP3県立恩賜箱根公園(5.5km)についたとき、チェックポイントに設置されていた赤十字センターに歩み寄り、急いでテーピングを剥がした。長時間貼っていたのと、学生時代から15年近く経った今では皮膚が弱くなっていたせいもあり、テーピングに皮膚が張り付き皮膚ごと剥がれてきた。その痛いこと痛いこと(地味に)。粘着成分を弱くさせるためテーピングを水で湿らせたけど、あまり効果あがらず。隣にいた外人さんがオイルを塗ると剥がしやすくなるんじゃないっとアドバイス。そこで急いでサポートクルーにオイルを買いにいってもらった。オイルを待っている間に、赤十字の人が、チェックポイントで栄養補給のために無料で配っているバナナの皮を入れるゴミ袋から、バナナの皮を拾ってきてテーピングに塗り始めた。衛生上どうなのっという懸念はあったが背に腹は変えられないのでそのまま続行。これが意外と項を奏して右足の方は比較的スムーズにテーピング剥がれた。

生剥けした傷あとにサポートクルーが偶々もっていた手術用の絆創膏(ガーゼ一体型)をはりテープで固定。このままでは歩くとズボンとこすれて剥がれてしまうので、赤十字の人が女性用のストッキングがいいと提案、サポートクルーに買いに行ってもらった。

ストッキングを履くのは事実上初めての経験で、靴下のように履こうとしたら上まで上がってこない。はじめにつま先部までクルクルしてから履くらしい。LLサイズにもかかわらず私の足には小さすぎ両足で履くことが出来なかった。お股のところで切って左右二つにして履くことに。

この間、ずっと待っていてくれたチームメイトに感謝。

そのときの傷がこれ。テーピングには気をつけよう!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>