災害ボランティア(亘理町)2

(つづき) 2日目も同じ現場に行き引き続き作業を続ける。ランチ休憩のとき、堤防近くまで状況を見に行ってみると、堤防沿いの側道のアスファルトも完全に崩れ落ちている。津波の威力の凄まじさに言葉が出ない。

作業後、VCに戻る。これまでバタバタしていたので目に入らなかったが、建物の入り口には全国からの励ましのメッセージが。。。近くで一つ一つを読んでみると、胸の奥から熱いものが込み上げて来る。この震災は東北地域だけでなく、この国に住む一人ひとりにとって将来にわたり傷跡を残すもの。

仙台に戻ってからは、引き続き経済的支援を、ということで、宿の近くにあったBAR FLYへ。テキーラのショットで仙台ナイトを満喫!
地元の人の明るさに少しホッとする。東北の女性はキレイという都市伝説を信じるに至った。また遊びに行きまーす!

Filed under: チャリテー・ボランティア — shingo 12:12 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>