ケニア TUSK Safaricom Marathon 2012 6/29

6/29 早朝6:00からGame Driveに出た。
動物たちは日中は暑さを避けるため日陰に隠れているが早朝は活動的になる。車を15分も走らせるとクロサイ、象、キリン、シマウマが見れた。残念ながら僕のミラーレス一眼の望遠レンズでは遠くにいる動物はほぼ点にしか見えなく、写真を撮っても何が写っているのかわからない。

象の群れは朝食の時間。

早朝のドライブはまだ空気が冷んやり澄んでいて清清しい。

シマウマの群れに遭遇!

2時間程のGame Drive後、Campに戻り朝食をとってから、TUSKの活動Part2, Water Projectを見学しに向かう。

TUSK TrustはLewa wildlife conservancy community development programを通じて、水不足に悩むこの地域にダムを建設するProjectを支援した。このダムにより周辺の村に水を安定的に供給できるようになった。ダムと聞いていたので川の水を堰き止めたものを想像していたけど、丘の上にタンクが立っており、それがダムだとCharlieが説明した。

このタンクの下では地下水脈から水を引き上げていて、その水を周囲1.5 ~ 2km四方の畑に供給している。

このダムは周辺の村に住む約5000人の村人の生活を支えている。またこの村に住む子供たちの毎日10kmの道を水汲みに行かなければならなかった時間をなくし、勉強の時間に当てられるようになったという。最近では水を安定確保できるようになったおかげで、畑で採れる農作物を他の地域に売り村としての収益があがり、それによりこの村にも学校を建設することができるようになったという。
ダムが建っている丘から眺めた風景↓。この緑の境界線がダムから延びるパイプで水を供給できる範囲。奥の茶色い山はこの土地の原風景。

ダムの丘からしばらく見学していると、どこからともなく子供たちが集まってきて、自分の名前を言うだけの簡単な自己紹介が始まった。みんな英語を多少話せるようだ。子供達は我々が持っていたデジカメに興味を示していて、我々の一人が子供達にデジカメを貸してあげるとパチパチと撮り始めた。こんな片田舎の子供でもデジカメの操作方法がわかるようだ。

Warter Projectの見学が終わり、Maridadi Campに戻りランチという予定だったが、ドライバーのJosephの粋な計らいで、おみやげ屋に内緒で連れて行ってくれることになった。昨年のチベットの旅以来旅先の国の人々を代表する衣装を集めることが癖になり、今回のケニア旅行でもマサイ族の赤い民族衣装を買おうと思っていたけど、これまでの旅程では土産物を買う時間が全くスケジュールされていなかったので、半ば諦めていたところだったので、Josephのオファーはありがたい。
車で10-20分で着くと言っていたが30分以上かかってCurioShopというNtunbaniの小学校の近くの土産屋Curio Shopに着いた。ありましたぁ、マサイの赤いローブ、ついでに槍と盾も。店員が怪しげな日本語で語りかけてきて、全部でUSD$220だという。それはあまりに高すぎる。すると、いつものディスカウント交渉が始まる。$200,$180と言ってきたが、このクオリティではそれも高すぎる。結局そんなに高いなら別にいらない、$150じゃなければ買わない、と突っぱねると店員も諦め$150でいいというので買ってしまった。

14:30 Campに戻り遅めの昼食をとる。一休みして16:00から夕暮れ時のGame Driveに向かった。この最後のDriveでやっと危険動物ライオンを見ることができた。メスライオンだったが野生のライオンはやはり迫力がある。

17:00 明日のサファリ・マラソンの開会式及び説明会が行われた。現地ケニアのナショナルチームのマラソン選手も出場するという。僕のようなにわかランナーがトップアスリートと一緒に走れる機会なんてそうそうあるものじゃない。プロのアスリートの走りを見れるチャンスにワクワクしながらCampに戻る。

お肉たっぷりのディナーを採って明日の大会に備えて早めの就寝。

Filed under: 旅行 — shingo 1:10 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>