青蔵鉄道で行くチベットの旅 9/20 青蔵鉄道 – 拉薩

9/19 19:00 青蔵鉄道車内9号車の食堂で夕食。

ビールが売っている。うーん、飲みたいけど高山病予防のためガマン。(この時点で標高3500m)

夕食後、他の参加者と現地の人が居る硬臥にいってみる。14年前Kenさんはこのような中に居たのかぁ。相当濃い中に居たんだなぁ。私は多分無理。ひまわりの種食べている人、うつ伏せで寝る人、所かまわずタバコを吸う人、トランプで熱くなっている人、人間の匂いってこんなに強いのか。
日が暮れると外は真っ暗闇。ネットも繋がらないし、やることがないので早めの就寝(20:30) しかも寝酒なし、これが一番きつい。
これまでのところ体調に異常なし。
夜中、車窓を見上げると満天の星空。軟臥の下部ベッドだけの特権。
格爾木(ゴルムド)駅で牽引車両を連結するため20分停車した。その隙にホームに降り写真撮影。フラッシュが起動しない。

反対路線の列車が止まっている。

車内のトイレの汚物を吸引するバキュームカーがホームを走ってきた。

軟臥の下部ベッドに戻り就寝。
明け方外はあいにくの小雨で寒そう。
7:00 朝食。

食堂車に座って配膳を待っていると外が見る見る晴れ渡ってきた。どうやら明け方はちょうど雲の中にいたらしい。
朝食は粥でした。食事前の血中酸素濃度と心拍数は91,80 体が高所に慣れてきた。たまに息苦しいときもあるけど、ゆっくり深呼吸すれば大丈夫。標高4900mを過ぎ朝日が昇ると眩しいほど。

8:40 世界一標高の高い駅、唐古拉(タングラ)駅を通り過ぎる。(標高5068m) 残念ながら停車しない。

安多(アムド)駅を経て10:00頃に錯多(ツォナ)駅を通過。

11:05 那曲(クチュ)駅(標高4513m)で停車したのでホームに降り写真タイム。

鉄道Crewの怖い顔のお姉さんが日本語で「はやくー」を覚え、ホームに降りた乗客を車内に呼び戻す。

再び列車が動き出した。そとは息を飲むような景色が広がっている。

普段、風景を見て感動を覚えることはあまりない私でさえ思わず「わぁーっ」っと言葉が漏れる。

13:00 添乗員さんとガイドのノコさんと一緒に食堂車でランチの弁当を食べる。

添乗員さんに「西遊旅行」での添乗経験をいろいろ聞いてみた。ネパールのトレッキング・ツアーに添乗したときのこと、山に食料を持っていく手段がないので、(冷蔵庫を担いでいくわけにはいかないから) 生きた動物、鶏、羊、ヤギなどを引き連れて登り、毎食、現地ガイドが彼女に「何が食べたい?」と聞く。彼女が答えると、その動物が連れて行かれ屠殺されるという。なかなかできない経験だ。

青蔵鉄道の車窓から

15:30 いよいよ目的地ラサ駅に到着。

ラサ駅で記念撮影していると公安がよってきて写真を消せという。チベット自治区では治安維持のため公安警察があちこちにいる。写真に写ると個人を特定されてしまうため警戒している。

ラサ駅の正面。

ラサ駅前で現地観光ガイドのツェランさんから再びカタをもらった。バスに乗り込み市内のホテル、剛堅拉薩飯店(Lhasa Gang-Gyan Hotel)にチェックイン。
一休みした後、ジョカン(大照寺)周辺の八角街(パルコル)を散策。初めての自由時間。

ホテルに戻り夕食タイム。参加者の自己紹介をしながらの夕食。スープに鶏が一匹丸々入っている。だれも手をつけたがらない。ちょっとグロい。

次回9/21につづく

Filed under: レストラン(飲食店) — shingo 1:11 AM  Comments (0)

青蔵鉄道で行くチベットの旅 9/19 西寧 塔爾寺(タール寺) - 青蔵鉄道

9/19 7:30のモーニングコールで目覚める。部屋で成田で借りてきたmifi(海外旅行用wifiステーション)を試してみる。インターネットには繋がった。日本で設定してきたvpnでfacebookとtwitterにアクセスできるか試してみたが、こちらは繋がらなかった。
9:25建銀賓館を出発して、塔爾寺(タール寺)へ向かう。塔爾寺はゲルク派の寺でチベット6大仏派のひとつ。移動中のバスの中でガイドのノコさんが山を指して、あそこにお墓があると言って、チベットでの葬式について話してくれた。チベットでは、土葬、火葬のほかに、水葬、鳥葬があるという。鳥葬というのは聞きなれないが遺体を山腹に安置し鷲などの猛禽類に啄ばませるやり方だ。一見グロテスクな葬儀方法に思えるがチベットでは鳥葬に付されるということは、とても幸せなことだという。自然な形で自分の肉体が再び大地へ戻っていくことを喜びと感じるのは、チベット民族の死生観を表している。
10時過ぎ、最初の見学場所である塔爾寺に到着。バスを降り寺の敷地に向かうと眼前にマニ車(ぐるま)が並んでいる。

マニ車の中にはお経が書いてある巻物がしまわれており、貧しく教育を受けられずに文字を読めない人にも、マニ車を1回回すことによってお経を1回読んだと同じ徳を積めるとしたもの。

参道を抜けると仏塔が見えてきた。Kenさんの旅行記写真で見たものだ。


ここから本殿の建物に向かう。はじめてみる五体投地。頭、両腕、両脚の5体を地に投げ出し祈りを捧げるものだ。熱心な人は三歩に一度五体投地をしながら遠方から寺院まで移動してくる。途方もない忍耐と精神力が要求される。

建物を見学後、バスへ戻る道すがらにみやげ物の店舗が並ぶ。焼き芋が売っていたのでこの度最初の買い物をする。芋はあまりうまくなかった。焦げている皮がすっぱい。

バスで西寧市内に戻ってから昼食。本日のランチは回族のレストランにて。


昼食後、いよいよ西寧の青蔵鉄道乗り場へ向かう。

15:02発の拉薩(ラサ)行きの列車に乗り込む。11号車9列目の軟臥。ガイドさんから現地の人と相部屋になると聞いていたので、先に居た2人の方に対面したとき「ニーハオ」と挨拶してみたら、思いっきり無視された。個人ツアーで旅行中の日本人の方だった。

軟臥の風景

列車がゆっくりと動き出はじめ、拉薩駅まで25時間の列車の旅がはじまる。17:00に青海湖が見えてきた。

次回9/20につづく

Filed under: 旅行 — shingo 10:55 PM  Comments (0)

青蔵鉄道で行くチベットの旅 9/18 成田 – 西寧

2011/9/18 – 2011/9/25の日程で、秘境旅行のパイオニア「西遊旅行」が催行する「青蔵鉄道で行くチベットの旅」に参加した。
小学生の頃、ジャッキー・チェンに憧れ、中国武術にハマっていた。バック転ができるようになるため地元横須賀市の体操教室に通ったり、母の知り合いに少林寺拳法と気功を教えてくれるブータン生まれの僧侶佐々木先生を紹介してもらいそちらにも通っていた。実はこの佐々木先生、高野山真言宗金剛峰寺派のお坊さん。先生のご自宅でのレッスンに伺うと、部屋に仏壇があり、大日如来が祭られていた。真言宗は8世紀、空海(弘法大師)が開いた宗派で秘密仏教つまり密教である。大日如来は密教において最高仏として位置づけられている。
佐々木先生の仏壇は、それまで見てきた日本の寺のそれとは違っていた、漢字ではなく梵字で書かれたお経があったり、赤、黄、青などの原色で装飾された仏壇は小学生の私にとって神秘の世界だった。後にブータン仏教はチベット系の密教の流れを汲んでいることを知る。
同じ頃、ジャッキー・チェン、サモハン・キンポーと並んで香港3大アクション・スターとして知られるユン・ピョウが出演する日本・香港合作の映画「孔雀王」(三上博、安田成美ほか)を友達と観に行った。映画の中でユン・ピョウが演じるコンチェはチベット密教の僧侶。映画の中でコンチェがアシュラ(グロリア・イップ)を抱えて師の元へ戻るシーン、夕日に映える荘厳な寺はチベット仏教総本山ポタラ宮であった。
これ以来、チベット密教の世界にのめり込み、それまで少林寺の坊主になることからチベットの坊主になりたいと思うようになった。母から誕生日に何がほしいと聞かれると、「大日如来がほしい」と言っていた。今でも母から「あんたは変わった子供だった」と笑われる。
中学に上がると、器械体操部に入部し毎日練習に明け暮れ、スポーツ特待生として高校に進学、その後、大学進学、アメリカ留学を経験していくうちに、次第にチベットへの憧れが薄れていった。今の職場の同僚のKenさんに出会うまでは。Kenさんは学生時代中央アジアをバックパッカーで旅した経験があり、もちろんチベットも訪れている。彼のチベット旅行記を聞いたとき、自分も子供の頃チベットに憧れていたことを思い出した。行くなら今しかないと、今回このツアーに参加した。

前置きが長くなったが、旅行記をはじめよう!

9/18 11:50成田空港第2ビル、中国東方航空カウンター前に集合し、一路上海へ。13:50発のMU-524便は出だしから30分遅れる。上海浦東(プートン)国際空港に到着し、関西方面からの参加メンバーと合流しツアー参加者25名全員が揃う。

上海から中国国内線に乗り換え、西寧(シーニン)へ向かう、、はずが、MU-2162便が機体メンテナンスのため、また遅れた。アナウンスが直前まで出なかったので搭乗者の列に並んでいる客がキレ気味に怒鳴り始める。


フライトインフォメーションにエラーメッセージが表示され情報が見えない。

ここでは50分遅れの19:30に搭乗開始になったが、一部変更があり、西寧直行ではなく西安を経由することに。

22:24 西安着。我々トランジットの搭乗客はそのまま機内で待機し、西安からの搭乗者を待つ。機内ではフライト・アテンダンスが乗客の数を野鳥の会ご用達のカウンターで数えること3回。何をそんなに数えているのだろう。。
結局1時間以上機内座席で待ち続け、いい加減ケツが痛くなってきた。延々と機内で流れる中東方航空のテーマ曲?が耳障りに感じてくる。
1時間10分後ようやく目的地、西寧に向けて出発。到着は午前1時半頃だった。

西寧空港からバスで建銀賓館(JIANYIN HOTEL)へ着いたのは午前2時頃だった。バスの中で現地ツアーガイドのノリツさん「通称ノコさん」と合流し、チベットで親愛の印として渡すスカーフ、khata(カタ)を各人に配ってくれた。

建銀賓館は結構きれいなホテル。深夜の到着のため従業員がロビーで仮眠を取っていた。チェックインを済ませ部屋に着くなり早速iPhoneやカメラの充電を開始。

ホテルチェックインが深夜だったし、西寧の街は電灯があまりなく暗かったので周りの光景が見れなかったが、翌朝部屋の窓から外を眺めると、いかにも中国の内陸に来たんだと感じる。

次回9/19につづく

Filed under: 旅行 — shingo 2:11 PM  Comments (0)