炎麻堂 四川料理 麻婆豆腐

久しぶりの激辛レポートです。
いつの間にか三茶にも中華レストランができていた。炎麻堂という創作四川ダイニングのお店。月曜日にも関わらず、早速、辛さの定番「四川麻婆豆腐」の調査に乗り込んだ。辛さは5段階で最高の辛さの5を注文。
山椒の利き具合は上場、でも辛さはもっと辛くしてもいいな。食べ終わった後の達成感はあまり感じられなかった。。
でも、総合的にいい感触、次回坦々麺にも挑戦してみる。

201004122151000

Filed under: レストラン(飲食店),食べ物 — shingo 10:52 PM  Comments (0)

万豚期 四川牛肉激辛煮込み

久しぶりの激辛通信です。激辛麺を食べ尽くしついに煮込みに突入。
「四川牛肉激辛煮込み」を食べてみた。すごい、蓮華でそこを掬うと出るわ出るわ唐辛子と山椒の実。スープの方も体感温度120℃を軽く超えてくる。寒さに凍りつた体を芯から温め(過ぎ)て、溢れ出る額からの汗。舌いっぱいに広がる刺すような辛さの牛肉を生ビールで流し込み、見事完食!今夜の戦いも勝利のうちに幕を閉じた。

200912222249000

Filed under: レストラン(飲食店),食べ物 — shingo 6:26 PM  Comments (0)

麻婆豆腐 作り方

中国旅行にいってからというもの北京で食べた、あの麻婆豆腐を再現しようと作り方を試行錯誤していたが最近ようやくレシピが完成しそう。決め手は麻辣(麻は舌が痺れるような辛さ。辣は辛いという意味)だ。輸入食品店でついに発見、「辣覇」(ラーパー)という、ラー油に花椒が加わった痺れるような辛さのもとで、かなり近い味が再現できた。まだ改良の余地があるが、これはこれでいい出来だと思っている。赤みをもう少し出したいな!
豆腐も以前は絹ごしを使っていたが、木綿の方が合うようだ。
材料:
豚挽き肉
木綿豆腐
甜麺醤(テンメンジャン)
豆豉醤(トウチジャン)
辣覇

水溶き片栗粉
摩り下ろしにんにく
にんにくの芽
高の爪
長ネギ
舞茸(冷蔵庫にあったあまりもの。痛みかけていたので一緒に入れてみた)
CIMG1287

Filed under: 食べ物 — shingo 7:02 PM  Comments (2)

万豚期 ベトナム麺 フォー

200909270024000

今回はベトナム・ライス麺(フォー)をご紹介。鶏肉の出汁が効いていて付け合せのモヤシとパクチー、ライムがさっぱりとした味を演出。
ナンプラーと唐辛子は別に用意してあるので、辛いのが苦手な人でも大丈夫。

Filed under: レストラン(飲食店),食べ物 — shingo 12:09 AM  Comments (0)

万豚期 四川紅坦々麺

四川紅坦々麺
万豚期の「四川紅坦々麺」を食してきた。基本的に辛いけど、尋常な辛さの範囲を出ないので美味しくいただきました。。。

トッピングの生卵が全体の辛さをマイルドに包んでくれるので、辛いのが苦手な人でも結構いけると思う。

Filed under: レストラン(飲食店),食べ物 — shingo 4:13 AM  Comments (0)