カンボジア Tabitha学校再建プロジェクト 2013/11/22

今日はBort Sala小学校のペンキ塗り作業第一日目。ワクワクしていたせいか、早めに起きてしまった。ホテルの部屋のベランダから朝日を眺める。きれいな朝日。さぁ、ペンキ塗るぞー!
IMG_3102

ホテルのレストランで6:40朝食をとり、7:30にバンに乗り込み出発。途中マーケットで飲み物とランチ用のサンドイッチバンを購入。
IMG_3108

予定より遅れ9:00頃にBort Sala小学校に到着。子供たちが列を作り拍手で出迎えてくれた。学校の門から校舎へ通じる道は舗装されていないためぐちゃぐちゃの泥。
IMG_3116

現在の校舎へ案内され、教室の後部のスペースにバッグや手荷物を置かせてもらった。ペンキ塗りの準備のため着替えたりしていると子供たちは僕たち外国人を見て興味津々の様子。この教室は9才のクラス。日本の小学校で言うと3年生にあたるのかな。壁がなくトタン屋根にはところどころ錆びて穴があいている。雨の日はどうするのだろう?休校だろうね。
IMG_3109

9:30 時間がないので早速仕事開始!新校舎はコンクリートでできていて6教室もあり1クラスに30-40人入れる。予想していた建物よりはるかに立派で大きいぞ。僕ら19人で2日間のスケジュールで終わるのかな?スケジュール管理は我々の代表のTobyと、NGOから通訳として従事しているおばちゃん(名前おぼえてない)で進めてもらって、とにかくちゃっちゃかはじめないと終わらないかも。1教室の中に集合して校舎の建築を担当した現地の大工から簡単に説明を受け、おばちゃんが簡単に英訳する。「教室内は白、外側は肌色に塗る、以上。」 ペンキの入ったバケツとローラーが配られ、裏の林から切ってきたであろう長めの枝をローラーに装着。ペンキ塗りスタート。
IMG_3111

各自担当する場所を割り当てたわけではないが、それぞれ散り散りになり、全体的に開始!僕の担当は外側の壁になり肌色ペンキで塗りたくった。ローラーをペンキの入ったバケツに浸し、
IMG_3113

ローラーを壁に押し当てヌリヌリ。一度ではペンキが定着しないため、乾いたところで二度塗り、三度塗りしていく。
IMG_3115

高いところは長めの枝を使って、よいしょー!
IMG_3112

枝がしなるので、高いところはどうしても力が入らない。気温30度近く蒸し暑いカンボジアでのこの作業、大変です。。。
IMG_3119

12:30やっとランチタイム。朝マーケットで買ってきたパンを半分に切ってツナ缶とチーズ、隠し味のTobyのお勧めでポテトチップスやドリトスを挟んで塩味を確保。うーん、どうもこのチップスは日本人の口には合わないようでした。
IMG_3145

カンボジア Tabitha学校再建プロジェクト 2013/11/20

今年会社が支援しているTabithaというNGOを通じて、カンボジア・バタンバン州にある小学校の再建プロジェクトに寄付した。500万円程の資金で学校を再建し、仕上げのペンキ塗りをしにこのプロジェクトに参加した。当初2013/10/16から出発の予定だったのに、カンボジアを襲った台風は小学校のあるバタンバン州に記録的なダメージを与え、街が水没。とてもボランティア活動者が入り込めるような状態ではなく、乾期の始まる11月まで延期となった。
このプロジェクトではAsia Pacific地域(日本、香港、韓国、シンガーポール、インド、オーストラリア)のグループ会社から19名が参加した。

11/20 成田空港より10:50 NH0953便に乗りバンコク経由でプノンペンへ。今回日本から参加するメンバーに社長様も居られ、同じ便ということで社長様のお招きでスカイラウンジなる特別な空間へ入れていただきました。こんな空港にところがあったんだね。僕はいつもの旅行気分でラフな服で場違いもいいとこ、また社長様とご一緒ということで完全に緊張してしまってあまりお話できず。。
IMG_3025

機内では映画を見て時間をつぶし16:10にバンコク到着。ここでもまたスターアライアンスのラウンジへ招いていただいた。軽食をとって18:25 TG0584便にていざプノンペンへ。19:50プノンペン国際航空に到着。気温32℃と蒸暑い。
IMG_3032

今夜の宿のGolden Gate Hotelのドライバーに案内されバンに乗り込んで宿に到着。すでに到着していたメンバーと近くのレストランに集合、プロジェクトの成功を祝って、まずビールで乾杯!

IMG_3034

お腹も満足したところで、もちろん2件目へ繰り出す。
IMG_3035

2件目のバーのテラス席で飲んでいると、大きなゴミトラックがやってきた。なんと働いているのは10歳程度の子供。カンボジアでの児童労働については聞いていたのだが、目の前で見ると違和感があった。これが同義的に間違っているとかどうかは分からないが、日本ではもう見られなくなった光景だろう。そんなことを思いつつ宿に戻って一日目を終えた。
IMG_3037

Filed under: チャリテー・ボランティア,旅行 — shingo 8:05 PM  Comments (0)

ケニア TUSK Safaricom Marathon 2012 6/30

マラソン当日。4:00 起床してレースの準備。不安のある右膝にテーピングを巻く。5:00に早めの朝食をとって6:00にはレース会場に向けて出発。
6:30には会場到着。車を出ると非常に寒い。赤道直下といえども海抜1600mの朝はぐっと冷えている。7:00にKids Runのスタート、大人の部はハーフ・フルともに7:15から。

ヘリコプターが低空で飛び続けている。マラソンコースから危険動物たちを追いやるために低空で何度も何度も往復して飛んでいる。

ウォームアップをして体を温めながらスタート時間を待つ。スタートラインの近くでみんなで写真を取り合った。

そうこうしているうちにスタートの合図が・・・ 慌ててカメラをセットして最後尾からのスタートになっちゃった。

最後尾からだからなかなか前に進めない。2kmを過ぎたころから列が徐々に長くなり前に出やすくなったので、すこしペースアップ。周りを見渡すとサファリがどこまでも広がっている。時々ヘリコプターが野生動物を追い払うために低空で飛んでくる。楽しいー!!

給水所では真っ赤なローブを身に纏ったマサイ族が水を配っている。

マラソンコースの沿道で応援してくれる人たち、こういうの本当に励みになるんだよねー。ありがたい。

17km を越えたあたり。景色が変わってきた。画像がブレていて見づらい。アキバで買ったカメラで撮影したんだけど振動に弱いんだね。
この後すぐにフルマラソン1位の選手に抜かれる。もちろんケニア・ナショナルチームのマラソン選手。こんな環境で普段からトレーニングしているんだから、国際大会で上位は当たり前か。

楽しいレースもいよいよ大詰め。ハーフマラソンは何度か走ったことがあるけどゴールしたくないと感じるレースは初めて。かといってこの環境でフルマラソンを走る勇気もない。(翌日から登山の計画もあり、ひざを温存したかった)気になっていたひざの痛みもテーピングのおかげか痛みは出でなかった。記録は02:44とかなり遅いけど、まー、レースを楽しむためにゆっくり走ったのでこれでいい、と強がってみる。ゴールラインには先にゴールしていたメンバーが待っていてくれて、みんなで健闘を称え合った。

各自それぞれの車に乗りMaridadi Campに戻りみんなでランチ。ハァー、なんか達成感を感じる。TuskBeerで乾杯!
DSC00777

ケニア TUSK Safaricom Marathon 2012 6/29

6/29 早朝6:00からGame Driveに出た。
動物たちは日中は暑さを避けるため日陰に隠れているが早朝は活動的になる。車を15分も走らせるとクロサイ、象、キリン、シマウマが見れた。残念ながら僕のミラーレス一眼の望遠レンズでは遠くにいる動物はほぼ点にしか見えなく、写真を撮っても何が写っているのかわからない。

象の群れは朝食の時間。

早朝のドライブはまだ空気が冷んやり澄んでいて清清しい。

シマウマの群れに遭遇!

2時間程のGame Drive後、Campに戻り朝食をとってから、TUSKの活動Part2, Water Projectを見学しに向かう。

TUSK TrustはLewa wildlife conservancy community development programを通じて、水不足に悩むこの地域にダムを建設するProjectを支援した。このダムにより周辺の村に水を安定的に供給できるようになった。ダムと聞いていたので川の水を堰き止めたものを想像していたけど、丘の上にタンクが立っており、それがダムだとCharlieが説明した。

このタンクの下では地下水脈から水を引き上げていて、その水を周囲1.5 ~ 2km四方の畑に供給している。

このダムは周辺の村に住む約5000人の村人の生活を支えている。またこの村に住む子供たちの毎日10kmの道を水汲みに行かなければならなかった時間をなくし、勉強の時間に当てられるようになったという。最近では水を安定確保できるようになったおかげで、畑で採れる農作物を他の地域に売り村としての収益があがり、それによりこの村にも学校を建設することができるようになったという。
ダムが建っている丘から眺めた風景↓。この緑の境界線がダムから延びるパイプで水を供給できる範囲。奥の茶色い山はこの土地の原風景。

ダムの丘からしばらく見学していると、どこからともなく子供たちが集まってきて、自分の名前を言うだけの簡単な自己紹介が始まった。みんな英語を多少話せるようだ。子供達は我々が持っていたデジカメに興味を示していて、我々の一人が子供達にデジカメを貸してあげるとパチパチと撮り始めた。こんな片田舎の子供でもデジカメの操作方法がわかるようだ。

Warter Projectの見学が終わり、Maridadi Campに戻りランチという予定だったが、ドライバーのJosephの粋な計らいで、おみやげ屋に内緒で連れて行ってくれることになった。昨年のチベットの旅以来旅先の国の人々を代表する衣装を集めることが癖になり、今回のケニア旅行でもマサイ族の赤い民族衣装を買おうと思っていたけど、これまでの旅程では土産物を買う時間が全くスケジュールされていなかったので、半ば諦めていたところだったので、Josephのオファーはありがたい。
車で10-20分で着くと言っていたが30分以上かかってCurioShopというNtunbaniの小学校の近くの土産屋Curio Shopに着いた。ありましたぁ、マサイの赤いローブ、ついでに槍と盾も。店員が怪しげな日本語で語りかけてきて、全部でUSD$220だという。それはあまりに高すぎる。すると、いつものディスカウント交渉が始まる。$200,$180と言ってきたが、このクオリティではそれも高すぎる。結局そんなに高いなら別にいらない、$150じゃなければ買わない、と突っぱねると店員も諦め$150でいいというので買ってしまった。

14:30 Campに戻り遅めの昼食をとる。一休みして16:00から夕暮れ時のGame Driveに向かった。この最後のDriveでやっと危険動物ライオンを見ることができた。メスライオンだったが野生のライオンはやはり迫力がある。

17:00 明日のサファリ・マラソンの開会式及び説明会が行われた。現地ケニアのナショナルチームのマラソン選手も出場するという。僕のようなにわかランナーがトップアスリートと一緒に走れる機会なんてそうそうあるものじゃない。プロのアスリートの走りを見れるチャンスにワクワクしながらCampに戻る。

お肉たっぷりのディナーを採って明日の大会に備えて早めの就寝。

Filed under: 旅行 — shingo 1:10 PM  Comments (0)

ケニア TUSK Safaricom Marathon 2012 6/28

朝5:00 ルームサービスの朝食の配膳により起床。ベーコンとソーセージのサンドイッチと2種類のフルーツジュース。相部屋のNさん曰く、本国イギリスでは今ではあまり見られなくなった伝統的な英国式Breakfastは旧植民地だったアフリカやインドに、このようなスタイルでかろうじて残っているとのこと。風邪を引いても食欲がなくなることのない僕の胃は、昨晩の酒もなんのその、朝からしっかり完食。ごちそうさまでした!

6:00にエントランスに集合してバスに乗りWilson Airportに向かう。Wilson Airportからセスナ機に乗ってLewa Wildlife Conservancy(Lewa野生動物保護区)に乗り入れる。

セスナ機に乗るのはこれが初めて。狭い機内に乗り込むと女性の機長のあいさつがはじまる。そして前方のプロペラがブルブルと回り始めると、ジャンボジェット機では味わえないワクワク感が襲ってくる。

離陸直後から動画撮影しようとしたら、いきなりの機器のトラブル。不良なセクターができてしまったmicroSDでは、空き容量があってもそれ以上書き込みができなくなってしまった。急いで別のカードに差し替え何とか撮影できた映像はこちら。雲がすぐそばに感じられる。

一時間ほどのフライトで、いよいよLewa空港に着陸。空港といっても野っぱらの草を払っただけの土の滑走路ですけど。

Lewa Wildlife Conservancyの場所はこちら。

大きな地図で見る

Lewa空港の脇に生えていたウィスリング・アカシアというトゲトゲの植物。この植物の実は丸くて真ん中に穴が空いていて、風が吹くと口笛を吹いたような音がなるので、その名がついたとドライバーのJosephが説明してくれた。このトゲ触ってみると結構硬い。刺さったら痛そう。この辺りにはこのトゲトゲが沢山生えている。何万年もの間動物たちに食べられて続けると、植物のほうでも自己防衛のためトゲを生やすようになるんだと感じた。

ここからは、Lewa空港に待機していたドライバーの車に乗り、マサイ族直営のMaridadi Campに移動。

そこはマラソン会場の直ぐ近くで大会までの3日間をこのキャンプで過ごす。キャンプまでのサファリ・クルーズを小一時間楽しんで昼過ぎに、目的地のMaridadi Campに到着。

テントに泊まるなんて小学生の頃の林間学校以来かもしれない。なんとなく気分が盛り上がってくる。

このテント、中はTwinで僕のテントは同僚のKenさんと同じ54番。実は54番テントは傾斜のある面に立てられているため、ベッドもテーブルも斜めに傾いている。外出時はしっかりとジッパーを閉めないとサルがジッパーを開けて中に進入し、物を持ち去ってしまうのでくれぐれも気をつけるよう説明を受けた。ここは赤道直下で日中は非常に暑くなるので水分補給は欠かせない。1テントにつき毎日2本の水ペットボトルが支給されることになっている。

荷物を降ろしたら早速食堂でランチ。この真っ赤な装いは、、、なんとマサイの男がバイトしている。

食事はすべてバイキング。ケニアだしアウトドアだしゲテモノが出たりするのかと思いきや、お肉にサラダにフルーツとより取り見取りの品揃えで、しかもおいしい!おかわり2回、思わず食べ過ぎてしまう。

青空レストランのテーブルを囲んでみんなでランチ。食後に一休みしてからTUSKの活動を見学しにいく。

14:00 Charlie(紺のポロシャツを着ている人↓)を中心に活動しているTUSKの活動の一環を紹介してくれるとのことで、到着したのはこのRugusu Primary Schoolという小学校。TUSK Trustは2011-2012にLewa Education Programを通じてこの学校に教室、職員室、キッチン、食堂、水周りの整備を支援した。

我々が到着すると、それまで校庭で遊んでいた子供たちが集まって「ジャンボ」と挨拶。この小学校には現在230人程の生徒が通っている。子供たちの表情がなんとも素直で感銘を受ける。

子供たちが歌と踊りで歓迎してくれた。アフリカ人はやはりリズム感もノリもいいね。

低学年のクラスの授業風景。この日は外国人の我々が訪問しているため子供たちはかなりテンションがあがっていて落ち着きがない様子だった。

高学年のクラスは少しアカデミックで、我々と質疑応答の時間を設けてもらった。我々がどのような仕事をしているのか、彼らは将来どのような仕事につきたいのかなど。医者やパイロットという高い目標を聞かせてもらった。Asset ManagerやITっていうのはさすがになかったけど。

この日はもう一校となりのNtunbaniスクールにも訪問した。見るからにこちらのスクールは貧しい。Lewa Education Programからの寄付金の振分けがまだこちらのスクールにはあまり届いていないそうである。

教室内の設備もRugusuと比べてかなり劣る。でも子供たちの目の輝きはRugusuの生徒と引けをとらないことに感銘を受けた。

16:30 Maridadi Campに戻り、マラソン大会に向けての調整のため、トレーニング・ラン。4km程の距離だが気になっている右ひざの痛みが再発して、ビリから3番目でゴール。本番前に不安を残す形になった。
Campに戻り着替えて、夕暮れのGame Driveへ出発。

サファリに降りる夕暮れもまた乙なもの。時間帯によって出会える動物が異なるためこのようなスケジュールを組んである。

この日は英国王室のウィリアム王子とケイト妃にゆかりのあるWedding Hillという丘に車を止めて軽食。丘から沈む夕日を眺めながらTUSKERで乾杯。バイト中のマサイ君もここまで来てくれた。こんな贅沢も世の中にはあるんだねー。しかしサファリは日が暮れると急に冷える。とてもTシャツじゃいられない。

19:00 真っ暗なサファリの中を車を走らせCampに戻り、夕食をとり過密スケジュールの第2日を終えた。

Filed under: 旅行 — shingo 11:41 PM  Comments (0)